リョウシンJV錠は坐骨神経痛に効果なし!効かない理由を解説

関節の痛みに効果があるとして話題になっている「リョウシンJV錠」

膝や腰といった加齢からくる関節痛や五十肩などには有効なのですが、坐骨神経痛にも効くんじゃないかと期待してしまいますよね。

でも残念なことにリョウシンJV錠は坐骨神経痛には効果がありませんでした。

この記事ではその理由について解説していきます。

リョウシンJV錠は坐骨神経痛には効果がないと公式サイトに明示されている

リョウシンJV錠を販売している富山常備薬グループの公式サイトによると坐骨神経痛に対する質問に対して以下のように回答しています。

リョウシンJV錠には坐骨神経痛や椎間板ヘルニアに対する効果は認められていません。

つまり坐骨神経痛を解消するためにリョウシンJV錠を購入しても意味がないので注意してください。

リョウシンJV錠が効果がある神経痛はビタミン不足が原因によるもの

坐骨神経痛は神経痛の一種です。リョウシンJV錠は神経痛に効果あると謳っているのにもかかわらず効果が認められない理由は何なのでしょうか。

じつはリョウシンJV錠が改善できる神経痛は「ビタミン不足が原因で発症するもの」なのでした。

ビタミン不足になると脳や脊髄、手足といった末端神経に悪影響が生じます。

リョウシンJV錠には

  • ガンマ―オリザノール
  • ピリドキシン塩酸塩
  • シアノコバラミン

上記の神経痛を改善するために必要なビタミン類が配合されているのです。

坐骨神経痛の主な原因

ビタミン不足が主な神経痛に対して坐骨神経痛の原因は

  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 腰椎椎間板ヘルニア

上記2つによるものです。

どちらも背骨の中にある神経が物理的に圧迫されて起きる症状なので姿勢を正したり、ストレッチをするなどして改善するほかありません。

まとめ

残念なことに公式サイトに記載されているようにリョウシンJV錠には坐骨神経痛を改善する効果はありませんでした。

一方でリョウシンJV錠に配合されているビタミンB12が坐骨神経痛に効果があるのではないかという研究結果もありますので、一度試してみるのはアリかもしれませんね。

論文:http://nutritionj.biomedcentral.com/articles/10.1186/1475-2891-10-100

コメント

タイトルとURLをコピーしました