リョウシンJV錠の配合成分の効果と配合量を徹底解説

ここではリョウシンJV錠に配合されている成分の効果と配合量を徹底解説しています。

リョウシンJV錠の販売ページにもそれぞれの有効成分の効果が簡単に記載されていますが、もっと詳しく知りたい方は是非参考にしてくださいね。

リョウシンJV錠の配合成分と配合量を表で解説

成分名 配合量
フルスルチアミン塩酸塩 109.16mg(承認基準の最大配合量)
ピリドキシン塩酸塩 100mg(承認基準の最大配合量)
シアノコバラミン 1500μg(承認基準の最大配合量)
トコフェロールコハク酸エステルカルシウム 103.58mg
パントテン酸カルシウム 30mg
ガンマ-オリザノール 10mg(承認基準の最大配合量)

承認基準の最大配合量とは第3類医薬品の承認基準で定められた最大の配合量のことです。つまり第3類医薬品として販売できる最大配合量がリョウシンJV錠に含まれているのです。

その他添加物として

乳酸Ca水和物、無水ケイ酸、ヒドロキシプロビルセルロース、セラセフェート、セルロース、バレイショデンプン、乳糖水和物、ステアリン酸Mg、ヒプロメロース、白糖、アラビアゴム末、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール、タルク、酸化チタン、リボフラビンリン酸エステルNa、カルナウバロウ

これらが配合されています。

では6つの有効成分の効果について詳しく見ていきましょう。

関節の痛みを軽減する3つの有効成分と効果

ピリドキシン塩酸塩

ピリドキシン塩酸塩は摂取すると体の中でビタミンB6の補酵素となり、ビタミンB6が不足することによって起きる症状を改善します。

末梢神経炎や貧血、口角炎、湿疹などの改善に役立ちます。

シアノコバラミン

ビタミンB12欠乏症の予防および治療に用いられる成分です。

末端神経を正しく機能させる役割や赤血球を生み出す補助として役立ちます。五十肩などの肩こりや腰痛に効果的です。

ガンマ―オリザノール

長年の生活習慣が原因で肥満症や糖尿病といった病気を引き起こす生活習慣病。これらの原因はカラダに活性酸素が溜まることが要因として考えられています。

ガンマ―オリザノールのは活性酸素を除去する効果が期待されています。

活性酸素はリウマチの原因とも考えられており予防や治療にも役立ちます。

リウマチの原因となる炎症が悪化する過程で、活性酸素がなんらかの重大な働きをしていることは、かなり以前から確認されていました。
例えば、関節リウマチの患者の場合、腫れている関節を調べてみると、明らかに活性酸素の勢いが高まっていることがわかっています。

日本SOD研究会

不足しやすい栄養の補給に役立つ2つの成分

フルスルチアミン塩酸塩

関節の痛みや長年凝り固まった堅い筋肉の痛みを抑制する効果が期待されています。ビタミンB1の1種で食べ物から摂取するビタミンB1よりも吸収効率が良くなっています。

  • 神経痛
  • 関節痛
  • 筋肉痛
  • 末梢神経炎

これらの症状への効果も確認されています。

パントテン酸カルシウム

パントテン酸カルシウムはビタミンB5の一種です。

基本的に食事から十分に摂取できるビタミンであり、糖質や脂質、たんぱく質などの代謝に関わるほか、皮膚を正常に保つ働きをします。

血流を改善する有効成分

関節の痛みを引き起こす要因の一つとして筋肉が凝り固まっていることが考えられます。

最近運動はしましたか?日常生活で階段を上り下りする以上の運動をしてない方は筋肉が固まっている可能性が高いです。

筋肉が固まると関節の痛みがよりひどくなりますので、血流を改善することが大切です。

トコフェロールコハク酸エステルカルシウム

トコフェロールコハク酸エステルカルシウムはいくらやすじこに含まれているビタミンEの一種です。

ビタミンEには末梢の血管を拡張してくれる働きがあります。

  • 膝や腰などの関節の痛み
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 冷え性

上記の症状の改善に繋がります。

まとめ

この記事ではリョウシンJV錠の配合成分と配合量、それぞれの成分の効果について詳しく解説してきました。

リョウシンJV錠は第三類医薬品として販売できる最大配合量が含まれていることが関節痛に効果があると評判の秘密だったのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました